概要

宮崎県在京経営者会議の概要

宮崎県在京経営者会議は平成11年10月に宮崎県出身の在京経営者・役員・管理職で組織する団体として設立されました。
多岐に亘る業種の第一線で活躍するビジネスマンのみならず、法律家・芸術家、研究者などのご参加により、会員相互扶助・情報交換等活発に行われる中で、新しいコミュニティが創出されております。

また、地方再生・地方活性化が叫ばれる中で故郷に対し貢献をしていきたいとの願いから、県や各市町村、提携団体である宮崎産業活性化協会との連携を保ち、郷土の経済活性化に向けた取り組みに努めております。
会員数は約180名ですが、多様な分野からの愛郷心に満ちたご支援・ご協力という会の素晴らしい財産を礎に、観光・物産振興や伝統文化の紹介、郷里の子弟の就職支援活動など専門部会を中心に会員企業の皆様に特段のご配慮をいただいて、弊会の特色を生かした活動を展開しております。

弊会事業が、郷土への貢献を太い柱により良い歩みを進めていくためにも、多くの皆様のご入会を心よりお待ち申し上げております。

2009/12/08

設立趣意書

現在、わが国の経済社会は急速な世界経済の変化に組み込まれ、従来の経済運営や経営手法は力を失い形骸化し陳腐化してきた。

わが国の社会経済構造を根底から揺るがし続ける激しい変化は、今後、次のような情勢からも想定できるように企業や自治体に長期的な課題となってのしかかってくるであろう。

  1. 国際化、情報化、技術革新、環境問題等の潮流は、わが国の経済社会のあり方を劇的に変えつつあること
  2. 政治、経済社会の振幅が中央から地方に拡大しつつあり、地方での起業化の必然性が現実になりつつあること
  3. 少子・高齢化の進展、労働人口の減少、産業及び就業構造等の地域間ミスマッチの解消が避けられないこと

これらを克服するためには、中央・地方からの新しい事業のサービスを受けられる「産業支援サービスシステム」が確立されなければならない。

そのためには、活発な取引、新しいビジネスやコミュニティを起こす基盤となる情報インフラとネットワークインフラの整備が欠くことのできない条件となるのである。

21世紀への正しい展望を切り開くため、このメカニズムが有機的かつ効果的に機能する組織として「宮崎県在京経営者会議」を設立し、会員相互と郷土の一層の啓発・発展にいささかでも寄与することを目的とするものである。

役員構成

役  職 氏  名 所属・役職 担当部会
名誉会長 髙山 弘憲 ジャパンプロテクション株式会社 代表取締役会長
会 長 山中 祥弘 学校法人 メイ・ウシヤマ学園 理事長
会長代行 熊村 剛幸 日鉄鉱業株式会社 取締役 人材交流部会長
副会長 木島 博 木島ビル株式会社 代表取締役会長
顧 問 田﨑 雅元
重久 吉弘
伊東 信一郎
山田 昇
里見 治
川崎重工業株式会社 名誉顧問
前 日揮株式会社 グループ代表
ANAホールディングス株式会社 代表取締役会長
株式会社ヤマダ電機 代表取締役会長
セガサミーホールディングス株式会社 代表取締役会長兼社長
相談役 黒木 芳男
興梠 三男
重信 和男
弁護士
東日本高千穂会 顧問
創和国際特許事務所 代表
 幹事長
  兼
事務局長
杉本 幸二 旭化成カラーテック株式会社 取締役副社長 物産振興部会副部会長
常任幹事 相葉 和良
河村 保男
桑畑 英紀
小柳 英子
坂元 英司
柴田 宣子
髙山 拓之進
田中 勉
戸髙 秀樹
水居 徹
山中 貞範
渡邊 昌代
相葉総合法律事務所 弁護士
株式会社日刊警察新聞社 代表取締役社長
株式会社イマージェンス 代表取締役
KPクリエイションズ株式会社 代表取締役社長
株式会社ファジー 代表取締役社長
株式会社ニューコレクションヌース 代表取締役社長
ジャパンプロテクション株式会社 代表取締役社長
日本カルミック株式会社 常務執行役員
戸髙秀樹ボクシングジム 会長
アイコムティ株式会社 代表取締役社長
学校法人メイ・ウシヤマ学園 事務局長
京屋酒造有限会社 取締役
法律部会部会長
広報部会長
 
 
人材交流部会長副部会長
 
観光ビジネス部会副部会長
物産振興部会長
 
IT推進部会長
観光ビジネス部会長
 
監 事 堀口 宗尚
山田 千波
千代田化工建設株式会社 執行役員
有限会社ブラン 専務取締役