第3回「ビジネス・フォーラム」のご案内

3回目の「ビジネス・フォーラム」を開催することになりましたので、ご案内いたします。
今回は大星電機株式会社の代表取締役社長である若松泰誼氏から講演していただくことになりました。
ぜひ皆様方でお誘いあわせのうえ、ご参加いただければと思います。

1.日 時 :平成30年9月5日(水) (講演会)18:30~19:30 (懇親会)19:30~20:30
2.場 所 :ハリウッド大学院大学
       東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズハリウッドプラザ TEL:03-3408-5020
3.講 師 :大星電機株式会社 代表取締役社長 若松 泰誼(わかまつ やすのり)氏
4.演 題 :演題「義理と人情とやせ我慢」
5.会 費 :3,000円(当日会場にて申し受けます)
6.その他:出席者には講師の自伝的著書「負けんど!」を配布(無料)いたします

 

お申し込み方法

ご出席いただける場合は、8月31日までに下記アドレスあてにご連絡ください。
FAX番号も記載いたしますが、なるべくメールにてお申込みいただければ幸いです。

【事務局 (担当:斉藤)】
E-mail:at_saito@kyoritsuseiyaku.com
 Tel:03-3230-6750  FAX:03-3230-6767

 

講 師  大星電機代表取締役社長 若松 泰誼 氏

【プロフィール】
宮崎県日南市出身(1943年7月生まれ)
1962年  県立大淀高校(現在の宮崎工業高校)卒業
      中越パルプ工業(鹿児島県川内市)入社
1969年  恒電社に入社
1972年  若松電気を設立
1984年  大星電機に改組、代表取締役に就任
1988年  株式会社ティー・エス・イーを設立、同社および大星グループ会長に就任
2012年  TAISEI ENGINEERING ASIA C0.Ltd設立、会長に就任

 

演 題   「義理と人情とやせ我慢」

ケンカばかりしていた「ガキ大将」が、中学に入ると野球少年となり、高校では野球とラグビーの「二足のわらじ」。クラス担任とはそりが合わず、落第すれすれで卒業。8社目に受かった会社では、酒と麻雀に明け暮れ、飲みすぎがたたって、長期入院する羽目に。

そんな生活をしてきた青年が、結婚してからは持ち前の「負けんど」精神で、人生を切り開いてきました。後輩に給料が追い抜かれたのを機に25歳で退社、義兄の経営する電気工事会社・恒電社に飛び込みました。29歳で独立し、高校の後輩と2人で若松電気を立ち上げたのです。

若松氏は新会社を本田技研・ホンダエンジニアリングのパートナー企業に育てあげます。「いつか大きな星になる」ことを夢見て、大星電機に改組。「静電塗装システム」を開発するなど、ホンダエンジニアリングとともに大きく発展、海外にも進出することになりました。いまや宇宙探査衛星「はやぶさ」にも使われるロケット打ち上げシステムを手掛けるまでに成長したのです。

若松氏は「起業も、大きな転機も、すべて人との出会いがきっかけ」と振り返ります。波乱万丈の人生を「義理と人情とやせ我慢」で生き抜いてきたという若松氏から、苦難にいかに立ち向かい、乗り越えてきたか――汗と涙でつかんだ教訓をお話していただきます。